官能的なフェラーリのボディを彩るイタリアンレッド、連休最後の夜、
都会へと向かい延々と連なるテールランプの赤、インド洋に沈む大きな大きな太陽の残照、
赤い輝きというと、皆さんは、どんなものを想像しますか… 

ルビーの価値を決める最も重要な要因は、カラー。最も美しいとされる”赤”は、ピジョンブラッド(鳩の血の色)。
ほんの少し青味を感じさせる真紅の色。その語源は、赤色を表すラテン語「ルビウス」に由来しているといわれています。
美しく激しいルビーの”赤”は、「愛されるより 畏怖される美しさ」の言葉に代表されるように、その魔性の魅力を物語る
強烈なものが多くあります。今こうして見つめていても、この燃えるような赤い輝きには、吸い込まれていくような感覚が、
そして火を見ていると感じる神秘的な気持ちにも似た、魅力に満たされていくようです。 


1日のうち 午後5時、季節は夏をさす宝石。「ルビーは妖精の贈り物」と語ったのはシェークスピア 
 ”パワーストーン” 「 やる気を起こさせる石 」持つ人に活気を与え、愛情を深め、願い事をかなえる石です。
7月の誕生石・ 40年目の結婚記念日の宝石 

非加熱ルビー ・ スタールビーの販売しております。

Back

JewelryIndex

Next

E-Mail


Copyright 1997-2016 J-WIZEM
All Rights Reserved